TOEIC900点を達成したオレの宅録゛

TOEIC900点を達成したオレの宅録゛

プログレ的なモノを中心に大Zappaな宅録の記録

レッド / RED

言うまでもないけど、キング・クリムゾンの曲。

自分が録音した物の中では、これが一番、人からのリアクションが得られたもののような気がする。

曲名  RED
作者  King Crimson / キング・クリムゾン
録音時期  1992年
録音機材  TASCAM PortaStudio 488
使用楽器  Gt:Valley Arts ストラト
Ba:FERNANDES FRB-75
Dr:YAMAHA RX15
Kb:CASIO CZ-1

詳細・所感

1992年だと、まだ、ワーウィックは持っておらず、フェルナンデスの FRB-75 辺りのやっすいのを使っていたと思う。もしくは、友人から中古で買った同じくフェルナンデスのジャズベか?よく覚えてないけど、この記事を以って、FRB-75 で統一しよう。

ギターは、この頃は、もうヴァレー・アーツのストラトがメインだったと思う。

この頃、ドラムマシン(YAMAHA RX15)の外部記録がイカレていて、 前半だけリズムパートを作って録音。 ドラムレスの部分をはさんだ後半は別の日にリズムパートを作成。などと言う、 めんどくさい事をやっていた記憶あり。
と言う訳で後半はかなりテキトーになってしまったのであった。

ブログランキング参加中です!★
にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ 

使用機材について

録音機材

今となっては、正確な録音日時がわからないものがほとんど。

どの機材で録音したかも微妙なものも多いですが、この投稿を参照先マスターとして使うようにします。

ボーリダビング時代

ボーリ(暴利)ダビングとは、2台のラジカセを使用して、1台に録音したものを流しながら 2台目の方に録音する原始的な多重録音の事。

高校生の頃にやっていたが、大学に入ってからも、下記の 4TRが使えない長期休暇の時とかにやっていた。

何ゆえ「ボーリ(暴利)」なのか、は、ここでは説明しない。
(おそらく、全宇宙でボクを含めた3人くらいしか理解できないw)

おともだちの4TR時代

大学の時は、友人の4TRカセットMTRTEAC-144 を主に使っていた。

自腹で4TR時代

大学を卒業してからも、友人の TEAC-144 で録音するため、何度かは、北も早よから蕨から、遠路、神奈川県秦野市まで行ったような記憶があるが、さすがに無理があるので、自腹で、Fostex の4TRカセットMTRを購入した。
X-15 が出たのが、1983年。
自分のはフェーダーは4本あったので、X-15の後継だったと思われる。

しかし、Fostex X-18 か Fostex X-12 か憶えていない。
記憶の中の形状としては、X-18 だったかなぁ。

と言う事で、当ブログでは Fostex X-18 で統一する。

8TR時代

1991年~1992年に、8TRカセットMTRを購入。

TEAC TASCAM PortaStudio 488 1991年発売(定価220,000円)となっている。

そんな高かったのか…。

16TR時代

遂にHDR時代に突入。

BOSS BR-1600CD を 2006年12月購入。

しかし、この辺から制作意欲が減退し、完成した曲数は極端に少なくなったw

24TR時代

ZOOM R24 を 2016年9月購入。

8トラック同時録音24トラック同時再生。

しかし、まともに完成した曲は、ほとんど無い。 
トラック数の増加に伴い、作品の数は反比例して少なくなってしまっている。

以下、絶賛Under Construction中!

DTM環境

ブログタグに #DTM と書いてはいるが、実は、ほとんど使っていない。

to be confirmed

使用楽器

録音機材同様、使用楽器についても、もはや記憶が定かでないものが多いです。

毎回「この時に使ってたの何だっけな?」と思い悩むのも面倒なので、この記事を参照先マスターとします。
(新たなメモ書き等が発掘されて詳細が判明した場合は修正)

実家に帰らないとわからない物も多いので、to be confirmed。

エレキギター

所感アレコレはTBC。to be confirmed。

  • MELLOW TONE 品名不明(春日楽器)
  • heerby ES-335モデル(春日楽器)
  • メーカー・品名不明A
  • メーカー・品名不明B(フレットレスギター)
  • Iさんのストラト
    プログレの師匠からの借り物。
    耳にキツくない、まろみのあるトレブル。アレは良かった。銘器でしたわ。
  • Ibanez ROADSTAR II series
  • Valley Arts (M series?)
  • クロサワ・マリンライダー(MarinRider MR-1)
  • FERNANDES DIGI-ZO HYPER

アコースティックギター

  • アグネス・チャンのサイン入りギター
    ご近所の知合いからいただいたペプシの懸賞品。最初に手にしたギターには違いないw
  • モーリス 型番不明
    最初のギター。
  • 詳細不明のガット・ギターA
    何時頃からか実家にあったガットギター。おそらく出入りの職人さんが置いて行ったのだと思われる。結構使った記憶あり。
  • 詳細不明のガット・ギターB
    大学の下宿時代に先輩が置いて行った(だったかな?)ガット・ギター。ちょっと小ぶりで、凄く弾き易く、音もよかった。引き払う時にガメてくれば良かったと、いまだにちょっと後悔。
  • Ovation Legend
    中古で購入。あまり気に入らず、すぐに下記のヤイリがメインになった。
  • K.YAIRI YD87N-VS

ベース

所感アレコレはTBC。to be confirmed。

  • FERNANDES ジャズベース
  • FERNANDES FRB-75
  • Warwick Corvette ProLine
  • TUNE フレットレス

ドラム

TBC

キーボード

所感アレコレはTBC

  • カシオ先生
    友人、TK本さんの持っていたカシオトーン。ある時、部屋に吹き込んだ雨に濡れてしまい、壊れて音がでなくなってしまった。
    …のはずが、しばらくしたら「ダークサイドモード」で復活。
    勝手になり出すリズムマシン。しかも完全にフリー・インプロヴィゼイションw
    そしてメロディも勝手に流し出す。完全にフリー・インプロヴィゼイションw
    感動した我々は、畏敬の念を込めて「カシオ先生」と呼んでいた。
    その後、自然治癒して普通に戻ったが、特定の音色は壊れたままで、ディストーションとショートリバーブのかかった、かなり兇悪な音だった。よくキーボード・ソロで使用した。当ブログでは壊れる前後で「カシオ先生(覚醒前)」「カシオ先生(覚醒後)」と表記する。
  • KORG POLY800II
  • CASIO CZ-1
  • KORG X-5
  • YAMAHA YP-30
    初代クラビノーバ。粗大ゴミに置いてあったのを父親(自分だったかも)が拾ってきて、その後、なにげに数曲で活躍w

音源

  • YAMAHA FB-01

    この音源には純正律(キルンベルガー、ヴェルクマイスター等)にする機能が付いていた。
    はたして、FB-01 のクラスで、そんなハイブロウな機能があったのかどうか、ネットで調べてもイマイチわからず。とりあえず、当ブログでは FB-01 に統一する。

  • AKAI S612
    AKAIのデジタル・サンプラー普及機。1985年の発売当時16万以上した。おそらく、もっと高機能の後続が出て、10万以下の投げ売りになってから購入したと思われる。
    音質最低モードにしても 8秒しかサンプリングできなかったが、まぁ、それでも十分、遊べた。

その他

TBC

ブログランキング参加中です!★
にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ 

終活!オレの「弾いてみた」を晒していく!

はじめに

はてなブログで、TOEIC900点を目指すオレのためのブログ なるものを書いているアラカンです。
(2021年3月、900点を達成!🎉😄)

人生の終盤に差し掛かるに当たり、

自分の、これまでの愚にもつかぬウゾームゾーな楽曲群をネット上で公開する

と言うのをやってみることにしました。

「弾いてみた」系YouTube
自作のオリジナル曲SoundCloud

みたいな区分けを考えています。
(この辺は、都度都度、方向が変容していく可能性あり)

使用機材や、録音当時の所感など、詳細な情報は、このブログに集約していこうと思います。

殆どが過去に遡って投稿していくことになります。
正確な録音日時がわからないものについても、録音年くらいはわかるので、適当な月日を決めて時系列に合わせます。

初投稿の記事は、投稿した日を投稿日時にしますが、しばらく経ったら、本来の時系列に合わせた投稿日時に変更していく予定。

うーん、これ、やっぱ面倒くさいですな。
制作年はカテゴリーにしているから、投稿日時自体は普通に物理的な投稿順にしておこう。

宅録

私は、中学生の時にバンドを始めて、高校に入ってからは宅録もするようになりました。本格的にやるようになったのは大学に入ってからです。
(この辺の詳細は記事として投稿する予定)

人の曲のカヴァーもあり、オリジナルもあり。
ジャンルとしては、自分のコアであるブルースやプログレに類するものや、ポップな感じのものからドシャメシャのノイズ・インダストリアル系まで様々。

「これはちょっと恥ずい!」と感じるものは晒さないかもしれませんが、まぁ、その辺は気分次第で。

使用機材について

こちらを。

ブログランキング参加中です!★
にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ