TOEIC900点を達成したオレの宅録゛

TOEIC900点を達成したオレの宅録゛

プログレ的なモノを中心に大Zappaな宅録の記録

白鳥 / Le cygne

曲名  白鳥 / Le cygne
作者  サン=サーンス
録音時期  1990年
録音機材  Fostex X-18
使用楽器  Gt:Ibanez ROADSTAR
Ba:FERNANDES FRB-75
Dr:YAMAHA RX15
Kb:KORG POLY800II
Other:YAMAHA FB-01

詳細・所感

何故にこの曲を演ろうと思ったのか、今となっては全くわからない。

特にサン=サーンスが好きだったわけでも、この「白鳥」が好きだったわけでもない。

イントロの中途半端にプログレな感じと言い、途中の速弾きとも言えない中途半端な速弾きのギターソロと言い、とにかくもう、全てが中途半端。

特に中途半端なのが、歪んだギターでバッキングしているところ。
ディレイでミニマルっぽい揺らぎを表現しようとして失敗してるんだよね。*1
中途半端だねぇ~w

でも、ギターソロ前、1:17 のスカっぽいリズムになるところは結構気に入ってるかも。
(言うて、総じて気に入ってはいるんだけどね!w)

とまれ、閲覧数の少なくなる年末にアップするには格好の曲と言うことでw

もっとも、ここと YouTubeチャンネルの方は常に閑古鳥状態ですけどもな。
(って、やかましいわ!)

<追記>
これ主旋律のストリングスは、POLY800II じゃなくて、YAMAHA FB-01 だな。
と言うことで使用楽器に追記。

ブログランキング参加中です!★
にほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ 

*1:ディレイでミニマルっぽい揺らぎを表現:泉谷しげる with LOSER の1988年盤『春夏秋冬』に於ける下山淳のギターを意識してたね。
(アレも U2 を意識したものだって気がするけど)